【2024年最新】対話型AI「Grok(グロック)」とは?Xの新機能の特徴、使い方や活用方法7選を徹底解説

AI初心者のAさん

Grok(グロック)という新機能について、詳細を知りたい。

AI初心者のBさん

Grok(グロック)を使用することで、何ができるの?

イマカラ

あなたもこのようなお悩みを感じていませんか?
このような悩みは、多くの人が直面する悩みです。

こんにちは、イマカラです。

2023年にOpenAIのChatGPTが登場してから、
本当に今、対話型AIツールが次から次と登場していますよね!

そして、米起業家のイーロン・マスク氏も、
対話型AI「Grok(グロック)」を開発しました。

本記事では、X(旧ツイッター)のGrokの特徴、使い方や活用方法を解説↓↓

2023年7月に名称がTwitter(ツイッター)からX(エックス)に変更され、世界中で利用されているSNSです。日本国内に約5800万人、全世界に5億5600万人のユーザーが利用しています。

出典:imacara
  • 圧倒的なスピードで記事作成ができる
    従来の執筆方法では、想像できないスピードで記事を書き上げることができます。時間がない方や、効率的に作業を進めたい方におすすめ!
  • SEOに強い質の高い記事を書いて読者に発信することができる
    AI技術を活用したテンプレートにより、SEO対策もバッチリ!検索エンジンから上位表示されやすく、多くの人に読んでもらえる記事を作成できます。
  • コピペのみで!初心者でもテンプレートを使えば簡単に記事が書ける
    難しい知識やスキルは必要ありません!コピペするだけで記事が書けます。

Grok(グロック)は、Xに新たに追加された有料会員向けの対話型AI機能

イマカラ

X(旧ツイッター)のプラットフォーム内で、リアルタイムの情報にアクセス可能で、直接質問を投げかけて、最新のニュースなどの回答を得ることができます

STEP

X(旧ツイッター)公式サイトにアクセスします。

STEP

左側のメニューの「Grok」を押す

STEP

プロンプトを入力し、エンターキーまたは手紙アイコンを押す

STEP

質問に対しての回答をAIが生成してくれる

ユーザーは、自分のニーズや好みに応じて、2つのモードを選択することができます。

  • 標準モード
  • ファンモード

① 標準モードに切り替える場合

標準モード|事実に基づいた回答を求めている場合に選択するモード。

イマカラ

標準モードを使用する場合には、
「正確な情報」「リアルタイムの情報」を求めている時に最適です。

② ファンモードに切り替える場合

ファンモード|雑談的な回答を求めている場合に選択するモード。

イマカラ

ファンモードを使用する場合には、
「アイデアの洗い出し」「雑談の会話」を求めている時に最適です。

質問1|テキスト生成AIとは何?

質問2|テキスト生成AIの活用方法を教えてください。

  • ベーシック|368円/月額(3,916円/年額)
  • プレミアム|980円/月額(12,800円/年額)
  • プレミアム+|1,960円/月額(25,600円/年額)
イマカラ

Grok(グロック)を利用するには、X(旧ツイッター)の有料プラン「プレミアム+(プレミアムプラス)月額1,960円(または、年額20,560円)」に加入する必要があります。

Grok(グロック)の活用方法

以下では、Grok(グロック)を活用した事例をご紹介します。

活用事例

最新情報を収集する

Grok(グロック)を最大限に活用するための方法の1つ目は、最新情報を収集することです。時代の変化は速く、情報も常に更新されています。最新の情報を入手する場合にはGrokは最適。

活用事例

文章作成

Grok(グロック)を活用する2つ目の方法は、文章作成です。文章を書くことは、時間と労力がかかります。Grokを使うと、文章作成を効率化することができます。

活用事例

翻訳

Grok(グロック)の活用方法の3つ目の方法は、翻訳です。世界がグローバル化する中で、異なる言語間でのコミュニケーションや情報共有がますます重要になっています。Grokを使うことで、簡単かつ効果的に翻訳作業を行うことができます。

活用事例

アイデアの洗い出し

Grok(グロック)の活用方法の4つ目の方法は、アイデアの洗い出しです。私たちの仕事や日常生活に役立つアイデアを日々求められます。Grokを使うことで、アイデアを効果的にの洗い出すことができます。

活用事例

コーディング

Grok(グロック)の活用方法の5つ目の方法は、コーディングです。プログラミングの学習や開発プロセスの効率化に役立ちます。

活用事例

プレゼンテーション資料作成

Grok(グロック)の活用方法の6つ目の方法は、プレゼンテーション資料作成です。プレゼンテーションのための情報を整理し、論理的な構造を持った資料を作成するのに役立ちます。

活用事例

買い出しリスト作成

Grok(グロック)の活用方法の7つ目の方法は、買い出しリスト作成です。買い出しリストに必要なアイテムを整理し、適切なカテゴリーに分類することができます。食料品、日用品、家庭用品などのカテゴリーごとにリストを作成することができます。

Grok(グロック)は、X(旧ツイッター)の有料会員向けに提供される対話型AI機能です。

この機能を通じて、ユーザーはリアルタイムの情報にアクセスし、さまざまなニーズに応じた回答を得ることができます。標準モードとファンモードの2つのモードを切り替えることで、正確な情報から雑談的な回答まで、幅広いニーズに対応します。

さらに、Grokを活用することで、最新情報の収集や文章作成、翻訳、アイデアの洗い出しなど、さまざまな用途に活かすことが可能です。

こちらもチェックしてみてね!!

Grokは、X(旧ツイッター)の有料会員向けに提供される対話型AI機能です。ユーザーはリアルタイムの情報にアクセスし、標準モードとファンモードの2つのモードを切り替えることで、さまざまなニーズに対応できます。

Grokを利用するには、Xの有料プランに加入する必要があります。具体的には、「プレミアム+」プランに加入し、表示言語を英語に設定することで、Grokを利用できるようになります。

Grokは、最新情報の収集や文章作成、翻訳、アイデアの洗い出しなど、さまざまな用途に活用できます。ユーザーのニーズや好みに応じて、標準モードとファンモードを使い分けることができます。

Grokの特徴は、Xプラットフォーム内でリアルタイムの情報にアクセスできることや、標準モードとファンモードの2つのモードを切り替えることで、ユーザーのニーズに柔軟に対応できる点です。

いいえ、Grokの利用には特定のデバイスやプラットフォームが必要ありません。一般的なウェブブラウザやX(旧ツイッター)の公式アプリを使用して、ほとんどのデバイスからアクセスすることができます。つまり、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、どのデバイスからでも利用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です